主に映画。
違う事も書きますよ。
今年の目標が映画100本以上見る!
だったので、記録代わりに・・・。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ライフ・イズ・ビューティフル
ライフ・イズ・ビューティフル





ライフ・イズ・ビューティフル 7月6日 録画(7月5日 衛星映画劇場)



カンヌ映画祭で審査員グランプリに輝いた、ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演の感動作。ナチの強制収容所に収監されたある一家の物語を、ユーモラスかつ温かな視点で描く。“イタリアのチャップリン”と称される、ベニーニのユーモアと哀しみを交錯させた演出が秀逸。1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校の教師ドーラに恋をする。彼の純粋さに惹かれた彼女は結婚を承諾。やがて可愛い息子も生まれ、3人は幸せな日々を送っていた。そんなある時、彼らに突然強制収容所への収監命令が下る。






製作年度 1998年

製作国・地域 イタリア

上映時間 117分

監督 ロベルト・ベニーニ

製作総指揮 −

原作 −

脚本 ヴィンセンツォ・セラミ 、ロベルト・ベニーニ

音楽 ニコラ・ピオヴァーニ

出演 ロベルト・ベニーニ 、ニコレッタ・ブラスキ 、ジョルジオ・カンタリーニ 、ジュスティーノ・デュラーノ 、セルジオ・ブストリック
見た映画 by2006 comments(2) trackbacks(2)
スポンサーサイト
- - -
Comment








はじめまして。
ロベルト・ベニーニ大好きです。
少し前の記事になるのですが、TBさせてくださいね。
from. おかみ | 2006/07/08 09:03 |
はじめまして!!
訪問ありがとうございます。
TBもうぜひぜひしちゃってください。
from. 蒼@管理人 | 2006/07/20 14:54 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mazyo-mazyo.jugem.jp/trackback/95
           「again・・・」 大切な人との別れ・・ 人生に於いて繰り返されるドラマの舞台に立つ度に、
| くいもん屋おかみの迷走日記 | 2006/07/08 09:05 |
7月23日(日) (前日からのつづき) ロサ会館を後にし、 地下鉄池袋駅から丸の内線に乗る。 普通に乗り換えて行けば7時に地元・吉川に着くはずだったのに、 何度も乗り過ごしたので 家に着いたのは9時半だった。 パンを食べながらテレビのニュース番組を見る
| CHEAP THRILL | 2006/07/25 01:32 |
<< NEW | TOP | OLD>>