主に映画。
違う事も書きますよ。
今年の目標が映画100本以上見る!
だったので、記録代わりに・・・。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
マリー・アントワネット
マリーアントワネット

マリー・アントワネット
8月16日 DVD

有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの物語を、1人の女性の成長期としてとらえた宮廷絵巻。幼くして故郷を離れ、異郷フランスの王室で必死に生きた女性の激動の人生を丁寧に物語る。監督は『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラ。『スパイダーマン』シリーズのキルステン・ダンストが孤独を抱えて生きる女性を愛くるしく演じている。実際のヴェルサイユ宮殿で撮影された豪華な調度品や衣装の数々は必見。

久々に、映画観たー。超・見たかったマリー・アントワネット。
予告とかの雰囲気がたまらなく好きで。わくわく。
結末は、それは切ないっていうのは歴史の物語だからわかっていたけど。
そこで、終わるのかー。という感じ。
で、やっぱり予告のイメージで突っ走ってはくれないわけで。
切なさや、苦しさがくわーーーっと。あるわけです。彼女の苦しさとか
そういうことがあったから、あの楽しいシーンが出てくるんだろうけど。
予告のまま突っ走ってほしかったなー。・・・無理なんだろうけど。
テンションが、落ち込んでいるときだったので、切ないシーンは嫌だった(笑
見た映画 by2008 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mazyo-mazyo.jugem.jp/trackback/298
<< NEW | TOP | OLD>>